2018年02月13日

橋本祥平くんの月永レオがすごい。あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ ~Judge of Knights~

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』 ~Judge of Knights~

インフルエンザ罹患で買うタイミングを逃していた円盤を、満を持して購入したんですけども。
チャプター1を見ては再生を止め「無理……」とうなだれ、
またチャプター1を見ては再生を止め「無理……!」と床を転げ回り、しておりまして、
全然先に進みません。

わかってはいた。わかってはいたのだ……
あまりにも美しいものを前にすると人は正気を保っていられないのだと……

砂塵と化して消える前になんとか少しずつでもこの美しさを言葉に残したいと思います。
しかし一気には無理だ、ちょっと一人ずつ、一つずつ書き留めていこう。


まず座長の橋本祥平くん。彼は物凄い熱量を持って演技してくれる役者さんで、感情の起伏が激しい月永レオくんにぴったりでした。配役公開されたときから何の不安もなかったくらい、いつも圧倒的な表現を見せてくれる人!

レオってキャラは一見単なる変人に見えて、本当は策略家だったり繊細だったり意外なほど泥臭かったり、いろんな面を持ってますよね。そういうキャラってじつは表現がかなり難しいんじゃないかと思うんですよ。

だって始めから終わりまで「見た目どおりの変人」にしか見えないとしたら内面を見せてよ!?ってなるし、かといって「いろんな面を持ってるんだよ!!!!!!」ってのを演技で主張しすぎても「一見単なる変人」っていうキャラクター性が破壊されてしまう。

多面性のギャップで観客をちゃんとびっくりさせつつ、終わってみれば「やっぱり変人」っていう印象を残すには、緻密に台本を読み込んだ上で、相当のエネルギーを込めて演技する必要があるんじゃないかと思うんです。

橋本くんはそういう作業をすごく真摯に全身全霊かたむけてやりきってくれる役者さんで、こういう方に演じてもらえる月永レオは幸せなキャラクターだなあと私は思いました。

コミカルな演技の最中に敵対している相手を見つけて、一瞬にして挑発的な表情に切り替わる、というシーンの連続。そのスイッチの切り替え、も、も、ものすごい体力使うんじゃないのかなぁ。とうとい!!

アイドルもののゲームを2.5次元化した舞台なので、ライブシーンもあるのです。2.5次元のライブってすごく複雑なんですよ、だって三次元の役者(橋本祥平)が二次元のキャラクター(月永レオ)を演じた上で、さらに「月永レオがアイドル(=偶像)として観客の前に立っているときの姿」を演じなくてはいけないんです。

他のキャラクターも同じだけど、こんな入れ子構造、よくめげずに演じてくださる。ありがたい。とうとい。

そんなことを考えながら、私はまたこのとうとい円盤に挑むのでした。生きてるって素晴らしいな!


posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

高本学さん、野嵜豊さん、卒業!

劇団番町ボーイズ☆の高本学さん、野嵜豊さんが卒業されることになりましたね。

高本さんには昨年12月の舞台『甘くはないぜ!』の取材でお話を伺ったことがあり、そのときの様子を昨日のことのように思い返しました。

劇団番町ボーイズ☆メンバーへの取材&インタビュー

和気藹々としたメンバーの中でも、高本さんはおっとりしたムードメイカーといった雰囲気を感じました。

ぱっと見どちらかといえばクールな二枚目なのに、お話してみるととても純朴でちょっと天然、というギャップがあり……それもこの方がファンを惹きつける魅力なんだろうなぁ、とほんわかした気持ちになったことを覚えています。

つい先日もミュージカル『ヘタリア』で拝見して、その魅力は全く変わっていないなぁと思いつつ、演じられたプロイセン様の度量と優しさとオトコマエさに涙したのでありました。

野嵜さんにはお会いしたことはありませんが、舞台『あんさんぶるスターズ!』シリーズで繊細な演技に魅せられました。

お二人の卒業……とてもさみしいですが、今後もますますのご活躍楽しみにしています!

もちろん番ボのメンバーのご活躍も、引き続き応援していきます〜!
posted by 豊島オリカ at 12:21| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

劇団番町ボーイズ☆『甘くはないぜ!』千秋楽

舞台『甘くはないぜ!』千秋楽を拝見してきました!

パティシエ同士のプライドをかけた戦いが描かれる本作品……シリアスかと思いきや、終始笑いっぱなしのコミカルな作品で、思いきり楽しませて頂きました。

舞台上の役者さんが他の役者さんのアドリブで吹き出しそうになり、笑いをこらえている……という図がとっても好きなんですが(当の役者さんご本人は大変かとは思いますが)、今作そんな場面がたくさんありました……アドリブにもカンパニーの親密さがにじみ出ていて、ステージの上の空気がとてもあたたかく、心地よかったです。

前作(『天下統一恋の乱〜』)とは全く異なる趣の作品で、役者のみなさんも全く異なる一面を見せてくださった気がします。楽しかった……!

楽しい作品を見せて頂いて元気が出ました。人の元気を呼び起こすことができるお仕事、すごいなあと心から思います。
posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。