2016年09月17日

東京ゲームショウ2016

9/15(木)に、東京ゲームショウ2016 ビジネスデイに行ってまいりました!

ゲームショウ初参戦! 楽しいブースばかりで目移りしてしまった……中でも気になったものを書き留めておきます。

◎舞台「天下統一恋の乱 Love Ballad」
ボルテージさんのブース。入場して一番に向かいました。そこで出会ったのがこの舞台のキャストトークショー。
http://www.banchoboys5-stage.com
原作は恋愛ドラマアプリ「天下統一恋の乱」。このアプリは知っていましたが、舞台化することは寡聞にして知らず。へえ〜!と思ってトークを聞いているうちに、どんどん興味が湧いてきました。
・人狼ゲームを組み合わせたニュータイプの舞台
・シナリオなし、結末も毎回変わる
・キャストがキャラを演じながら話を作っていく(人狼ゲーム方式がここに生きるようです)
・ダンス、殺陣、歌あり(2.5次元ミュージカル畑の血が騒ぎます)
・キャスト俳優陣15名で華やか

うーん、気になる!

オタクでない一般女性向け恋愛アプリの舞台化、すごく新鮮な試みです。見に行きたいなと計画してます。

◎ロマンスゲーム各社
各社VR試遊機を出展していて、並ぶ時間さえあれば無限に遊べる感じです……! 私は二つ試遊させて頂きました。
・「マジカルデイズ」(https://www.magicaldays.jp)のノラくんを膝枕
・「ダンストリップス」(http://www.otomate.jp/smp/dance_trips/)の日向樹くんと控え室

VR自体初めての体験でした。面白かった! 本当に、360度どこを見てもその世界、その部屋、そのキャラの近くにいられる……これは手軽に楽しめる時代がきたらすっかり引きこもりになりそうです(真顔)。

◎「ペルソナ5」かっこいい!
ペルソナシリーズ大好きで、今回発売前に試遊できたの感激でした!遊んでみた感想は「画面派手だけど操作性はシンプル」ほんとこれに尽きます。アクションは4より進化してる!でも難しい操作ほんとに要らない。
反射神経なしオタクなのですごく助かります……ほんと……。
スタッフ・キャストも信頼できる方ばかりで不安なし。やりこみが楽しみです!

ペルソナ5(PS3用)


ペルソナ5(PS4用)


◎キングオブプリズムVR シンくんと握手会
VRでキンプリのシンくんと握手もしてきました! こちら出展しているシーエスレポーターズさんは、ロマンスゲームコーナー(ホール3)とはちょっと離れた「ホール10」にいらっしゃいます。これから参加される方はご注意を!

VR用ヘッドセットを頭と目に、コントローラーを両手に持ち、シンくんと握手。見回せば360度ぐるりとステージ。一緒に滑って、最後はシンくんの無限ハグ攻撃にふわァ〜っとなって夢心地に終了しました。楽しかった……(しみじみ)。

ブースの担当者の方が「コウジくん・ヒロ様も鋭意製作中です!はちみつキッス製作中です!」とおっしゃっていました……待ってる……鋭意待ってる。

◎「エンターテインメントの未来」展示
・触れることができる立体映像
・固いものや液体を触感で感じ取れるデバイス
・複数の人間の視線を眼中にとりこめるゴーグル
などが出展。残念ながら整理券配布が終了していて体験できないものもありましたが、VRだけでなく、革新的な技術がどんどん生み出されているのだなーと感じました。

未来ってほんとわかんないなー。面白いねええ。

刀剣乱舞のVR三日月宗近とか、体験したいものまだまだたくさんあったのですが、整理券終了してたり時間がなかったりと……無念な思いもしました。

次回もできたら行ってみたいな。とても刺激になりました!
posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔が左右対称だと美人見えするそうな

美容ブログ『女性の美学』様に、執筆記事を掲載して頂きました!

【ブス見えしてる!?左右非対称の顔を治す方法とメイクのコツ】
http://josei-bigaku.jp/symmetry3892/

顔が左右対称かどうかなんて、普段気にしなかったですが、調べていくうちに「これってつまり骨格が歪んでるってことなのか」としみじみ感じ、治したいなと思いました。

それに、写真に映った自分のコレジャナイ感の正体! これが分かってちょっとスッキリしました……でもスッキリしてる場合じゃなかった! なんとかせねば!

推しキャラがいつ三次元に現れてもいいように、ていうかいつ私が二次元に行っても大丈夫なように、きれいになりたいです!(まっすぐな瞳)
posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | ◆お仕事実績◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

ゆとり世代にも言いたいことあると思うんだよね

小学館『Woman Insight』様に、執筆記事を掲載して頂きました!

【誤解しがち!「ゆとり世代」の本音を聞いたら、正しい接し方が見えてきた】
http://www.womaninsight.jp/summary/archives/228799

ゆとり世代と呼ばれる世代は今20〜29歳です。ちょうど20代を網羅する形になってるんですね。

私はだいぶ年上世代ですが、趣味や仕事でこの世代と接することが多いです。彼らの多くが彼らの多くが本当〜にまじめで、「ゆとり」なんて揶揄する気持ちはとても起きないほどしっかりしています。頑張りすぎるほど頑張り屋で、理不尽な物事に立ち向かいながら生きているなあと、常日頃思っています。

だからこういう記事を書かせて頂けるのは楽しいし、嬉しいです。

育った時代の影響は大きく、世代間に「わからん」っていう溝を生むこともあるのは現実だけど、無理やり理解はしないまでも、お互いの能力を認め合ってうまいこと補い合っていけたらいいなーと思います!
posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | ◆お仕事実績◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする