2016年02月08日

虫歯の痛み、対処法

虫歯の痛みを抑えきれず、おとなげなく泣きそうなまま仕事してます、コロボックルです。何歳だろうと歯の痛みには耐えられないようにできているんだ!人間は!(断言)

この、疼くような痛みが間断なく続く感じが、すごーーーくいやですね。眠ってしまえば安心かと思いきや、寝返りのたびに痛みで目が覚めたりしてしまうとほんと泣きそう。

対処法を調べて色々試してみて、効果あったものをメモしておきます。

<虫歯の痛みの対処>
1、ロキソニンSを飲む(薬剤師または医師に相談の上)
2、安静にする(血圧を上げない)
3、冷やす(氷を舐めることで内側を、アイスノンで外側を)

この3つを実践してつかの間の平和を手にしました。ロキソニンは同系統の鎮痛剤の中では最も強いものだそうで、効き目も強いけど他の薬を飲んでいる際はよくよく注意が必要です。基本的に鎮痛剤同士は時間をあけて飲むようにし、他の薬は処方した医師に判断をあおいでください、とは薬剤師さん談。

血圧を上げない、というのは、歯痛の中でも特に虫歯の際のコツ。虫歯や歯肉炎は歯ぐきが腫れて血管や神経を刺激することから痛むというのもあるそうなので、なるべく血圧を上げず、腫れを抑えるといいらしい。

冷やすのも同じ理由ですね。氷を舐めると即効性はありますが、他の歯にキーンとしみるし、今の時期は寒い!アイスノンを薄手のタオルか手ぬぐいに包んで、患部の上の頬にそっと当てます。強く押し当てたり頬杖をついたりすると神経が圧迫されて痛いので、自分で加減しながらそっと……。しばらくはジンジン痛み続けますが、数分でおさまってきます。

ロキソニン様がこの世にあって本当によかった。歯医者の予約が水曜にとれたので、それまでこれでしのぎます。


コロボックル
posted by 豊島オリカ at 00:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする